店舗集客を効率よく行うための方法やポイントについてご紹介

店舗集客を効率よく行うための方法やポイントについてご紹介

新しくオープンした飲食店店舗の集客について

新しくオープンした飲食店にとって、「店舗をオープンさせたけど、はたして受け入れてくれるだろうか?」という不安があるのではないでしょうか。そこで、オープンして間もなくでも実践できる、効果的な集客方法をご紹介します。
地元の人に広く知ってもらうなら、地元のタウン情報誌や地方紙に広告を掲載してみましょう。地域に新しい店舗ができたとき、情報誌・地方紙は大きく取り上げてくれる場合が多いです。それにそのような媒体は、世代性別問わず様々な人が見るので、広く集客を図ることができます。紙面でめいっぱいアピールすれば、「新しい店舗ができた」と地元で話題になるはずです。出稿料金は多少かかってしまいますが、一度出稿してみる価値はありです。幸先よい集客のスタートダッシュが見込めるのではないでしょうか。
コストをそんなにかけたくないのであれば、ターゲットを絞った集客方法を考えてみましょう。若い世代をターゲットにしている店舗であれば、インスタグラムを大いに活用するなどです。例えば「メニューの写真をハッシュタグを付けてインスタにアップするとお会計10パーセント引き」とすると、インスタを利用するお客側にもメリットがあるので効果的です。
新しい店舗が受け入れられるには、スタートダッシュが肝心です。誰に届けたいかを考え、それに合った媒体を活用して、安定した集客につなげていきましょう。

店舗が小さくてもできる集客方法

お店を開いた時、何よりも一番重要なのは集客です。
誰しもが、途切れずお客様に来て頂きたいと考えるものでしょう。小さな店舗でも工夫次第で集客を増やすことはできます。開店前からの宣伝も重要ですので、作業中の店舗の入り口等にポスターや手書きの看板を置いてカウントダウンをしたり、軽く商品紹介をするのも集客に繋がります。
忘れがちなのがGoogleへの登録です。
近くにこんなお店ないかな、とGoogleで探して見つける人は少なくないのです。
そしてやはり今はSNS時代なので、客層に合わせて適したSNSを使い分けて、更新を頻繁に行うことです。
業務の合間にやるのは大変ですが、写真や添える一言も毎日工夫することが大事です。
最初はなかなかフォロワーが増えず苦戦しますが、レジ横に張り紙、ショップカードなどに情報を載せる、お会計の際に一声かけることで少しずつ広がっていくはずです。
同系列の店舗をフォローして仲良くなれば、RTし合ったり情報交換ができたり、お互いに良い関係にもなれます。
また、LINEアカウントを作りお得な情報をお知らせするのもおすすめです。
情報を追いきれない、お知らせしてほしいという人も少なくないからです。
LINEのビジネスアカウントはクーポン情報なども流しやすいですし、友達登録して貰う事で年齢や性別を知ることもできるのでとっても便利です。

簡単に店舗集客を行うための方法について

近年オンラインでのサービスが充実したことで、実店舗集客は以前に比べ非常に難しくなってきています。
そこでお勧めする集客方法が2つあります。
ひとつはSNSです。
いちばんの魅力はチラシなどのように一方的に宣伝するものではなく、フォローやお気に入りをすることで相手にポジティブなイメージを伝えることができるところです。
ターゲット層のユーザーや関連性の高いユーザーに対してフォローなどのポジティブなアクションを起こすことで、思ったよりも簡単にフォロワーが増えていきます。
フォロワーが増えてきたらそのままフォロワー増やしを継続しながら、店舗のPRをどんどん投稿していけば、無料でターゲットに半永久的にPRを続けられ、集客につなげることができます。
2つ目はweb広告の活用です。
前者と違いコストはかかりますが、こちらからアクションがかけられない不特定多数の方に対してPRをすることが可能です。
実店舗の場合は日本中に広告をばら撒いても意味がありません。
東京の店舗のPRを大阪の人が見ても集客につながりません。
しかし媒体によっては都道府県や市町村での配信面のターゲティング設定を行える媒体があります。
そのような媒体を使えば十分に低コストで集客につなげることも可能です。
是非SNSやweb広告を利用して集客増加を目指してみてください。

SNSを見る

Recommended Post

長い行列

googleビジネスで店舗集客

お客様を今より集客したいと思っている店舗経営者はつねに考えている事でしょう。 しかし、資本力が少ない…

Post List